地震に関する用語について|地震予測を活用しよう!地震の種類や地震対策情報を知り命を守ろう

今さら聞けない地震の用語!地震予測や情報をお届け

地震に関する用語について

親子

地震の揺れの大きさとは

地震の震度は、震度1から震度10の段階に分かれています。その揺れた場所の強さにとって震度は変わります。日本は震度7以上の揺れはないと言われています。ですので、震度7は人の体感だと、立ってるいることができません。木造住宅だと傾き壊れたりすることがあります。鉄筋コンクリートの住宅は、柱にひびが多く入り、傾くおそれがあります。

よく聞くマグニチュードって一体何だろう

マグニチュードとは、震度とは違って上限がなく強さのことを表しています。今観測で一番大きいマグニチュードは、9.5です。7以上は大地震と呼び、Mと表現することが多いです。日本で大きかった地震は、東日本大震災で世界で4番目で、その時のマグニチュードはM9.0でした。

深さってどういう意味?

地震は、震源が浅い場合と深い場合があります。震源が浅ければ地上は、狭い範囲で揺れるので強い揺れを感じることが出来ます。震源が深い場合は、海底で起こるので揺れはゆっくりと感じます。しかし、広範囲で揺れを感じます。

本震と余震の違いについて

地震が発生した場合に、大きさによって変わります。一定の時間で地震が起きて、その中で大きな地震を本震と呼んでいます。その後に感じる揺れが余震です。しかし、同じ場所で集中して起こる地震があると区別が出来ないこともあります。万が一のためにも地震予想や情報を集めておくと安心でしょう。

地震に備えて知っておくべき知識

懐中電灯

地震が起きた時にすること

もし地震が起きた場合、慌てない為に日頃から、災害に対する備えの情報を知っておきましょう。もし災害が起きた時、どう行動したらよいか、家族や知人とどのように連絡取ればいいのか事前に調べておきましょう。

READ MORE
親子

地震に関する用語について

地震の揺れは、階級によって変わります。0~7まであり階級によってどれくらいの被害が想定されるかわかりません。震度に関する情報を知ることで、取るべき行動がわかります。予め地震についてよく知っておきましょう。

READ MORE
防災グッズ

身を守るために行うこと

地震が起きた時、パニックになってしまい何を持ち出して避難していいのかわかりません。特に何が最も必要なのでしょうか。まず、自宅に防災リュックを準備しておきましょう。地震が起きてから買うのでは意味がありません。いつどこで起こるかわからないのが地震です。

READ MORE
男女

二次災害の危険について

地震が起きた時に、それが元に起こってしまう二次災害があります。その災害が拡散してしまうと、大きな被害を受けることになってしまい、大変危険です。二次災害が起きない為にも、日頃から防災訓練、防災グッズなど二次災害防止を心掛けをしましょう。

READ MORE
広告募集中