身を守るために行うこと|地震予測を活用しよう!地震の種類や地震対策情報を知り命を守ろう

予測できない地震が起きた時はどうしたらいいのか?地震情報をチェック

身を守るために行うこと

防災グッズ

いつも近くに置いておきたい3つの便利なもの

防災グッズがあるから、地震がきても大丈夫!など思ってはいけません。地震がおきたら、自分や家族の身の安全が一番です。もし寝てる間に地震があった場合は、停電する可能性もあるので、近くに懐中電灯を手の届く場所へ置いておきます。次は、足元の確認です。ガラスが割れていると歩きにくいので、スニーカーがあると便利です。また、頭を守るヘルメットも準備しておきましょう。

今住んでいる家の耐震性の確認

家の家具を固定したり、ガラスが飛び散らないようにフィルムを貼ったりと、事前に防犯対策は必要です。しかし、木造の家は大きな地震が起こった場合、揺れに弱い可能性があります。地震で破壊する前に耐震補強について情報を集め調べておきましょう。

避難練習は地域や家族で行いましょう

小さな地震4度以下なら予測できると言われていますが、大きな地震は、いつどこで起きるかわかりません。家の周辺には、避難場所があるので、避難経路を確認しておくと良いでしょう。経路に、危ない建物や落ちそうな井戸がないか必ずチェックをして市町村や消防へ連絡してください。家族で避難訓練のシュミレーションを行い、避難の仕方や連絡方法は前もって話し合いをしておくことが大事です。

これがあると非常に便利

地震の時は、家から必要な物をすべて運び出せません。災害場所には、配給がありますが男女によって必要な物が異なるようです。女性や赤ちゃんに必要な生理用品やオムツ、ミルクなど災害避難所にあればとても役立つようです。地震の時に女性が役に立った便利なものをご紹介します。

地震の時に女性が助かった必要なもの

no.1

一番役に立ったウェットティシュ

災害場所では、断水になる可能性もあります。その時は何日もお風呂に入れなかったりするので、ウェットティシュがあれば非常に便利です。小さなお子様にも手を拭いたり、顔や身体を拭いたりと色々な面で使えます。アルコール系のウェットティシュとお水だけが含まれたウェットティシュがあるので使いわけましょう。

no.2

お水は大切

お水がなくなると、衛生面に不安があります。食事も出来ませんし、お風呂も入れません。各地から配給がありますが、全員に渡るまで時間がかかる時もあります。念のためにペットボトルのお水を1本持っておきましょう。また、お水を配給する時に入れ物がないと不便です。使いやすいのはポリタンクで持ち運びも便利です。

no.3

毛布やひざ掛けはあると役立つ

毛布類はあると、非常に便利です。地震がもし冬場にあると、暖をとることが出来ます。寒さ対策で冷えから身体を守ります。また、避難所ではたくさんの人が集まる可能性があるので、広げれば目隠しになり、人の目も気になりません。

no.4

スナック類で癒しを

地震の時は、食事にも困りますが意外にあると便利なものはお菓子です。食べすぎはよくないですが、お子様がいる場合は食事の間に与えて落ち着かせたり、大人が食べても疲労回復があります。お菓子は、火を使うことがないので調理が入りません。保存期間も長いのでストックしても良いでしょう。

no.5

ビニール袋は使えます

ビニール袋は、あればあるほど便利で使えます。ゴミ出しに使うのはもちろん、洋服を入れて保管したり、雨が降った時に穴をあけてレインコート代わりに使用したりします。 寒い時は、防寒対策としても使えるので様々な使い道があります。

地震に備えて知っておくべき知識

懐中電灯

地震が起きた時にすること

もし地震が起きた場合、慌てない為に日頃から、災害に対する備えの情報を知っておきましょう。もし災害が起きた時、どう行動したらよいか、家族や知人とどのように連絡取ればいいのか事前に調べておきましょう。

READ MORE
親子

地震に関する用語について

地震の揺れは、階級によって変わります。0~7まであり階級によってどれくらいの被害が想定されるかわかりません。震度に関する情報を知ることで、取るべき行動がわかります。予め地震についてよく知っておきましょう。

READ MORE
防災グッズ

身を守るために行うこと

地震が起きた時、パニックになってしまい何を持ち出して避難していいのかわかりません。特に何が最も必要なのでしょうか。まず、自宅に防災リュックを準備しておきましょう。地震が起きてから買うのでは意味がありません。いつどこで起こるかわからないのが地震です。

READ MORE
男女

二次災害の危険について

地震が起きた時に、それが元に起こってしまう二次災害があります。その災害が拡散してしまうと、大きな被害を受けることになってしまい、大変危険です。二次災害が起きない為にも、日頃から防災訓練、防災グッズなど二次災害防止を心掛けをしましょう。

READ MORE
広告募集中