地震が起きた時にすること|地震予測を活用しよう!地震の種類や地震対策情報を知り命を守ろう

地震は予測できるかのか?地震が起きた時は正確な情報収集が大切

地震が起きた時にすること

懐中電灯

火災が起こらないように

地震が起きた時に停電になってる時でも、部屋のブレーカーは必ず落として避難するようにしてください。地震の後は、復旧作業を行います。その際に、地震で壊れた電化製品の配線に火がついて火災が起こる場合があります。このことを通電火災といいます。地震直後に家に戻ると「火事になっていた」ということにならない為にも忘れずにブレーカーには注意しましょう。

災害時の連絡は伝言版サービスを利用する

地震直後は、安全確認の為に携帯で連絡する人が増えます。その為、電波が悪くなって繋がらない可能性があります。大切な人の連絡は、災害用伝言ダイヤル171に電話をして伝言をしましょう。万が一に備えてあらかじめ、しくみを確認しておきましょう。

常に笛を携帯しておきましょう

建物の中にいる時に地震が起こったら、部屋の棚が倒れ生き埋めになる可能性もあります。埋もれた時に、助けを呼んでも周辺に聞こえないこともあったり、怪我をしている場合があります。救助を求め大声で叫び続けると体力がなくなり、疲れてきます。鞄の中に笛を携帯しておきましょう。

日頃から災害にあった場合どうする考える

災害はいつどこで起きるか分かりません。災害時直後は、復興支援に長い時間がかかります。普段から災害グッズを準備したり、避難の経路を確認しておきましょう。また消防のホームページをチェックして、地震予測や地震に関する情報を把握しておくことが大切です。

地震の揺れが止まったら何をするか

地震の揺れが止まったら自分自身に怪我がないか確認をします。足元を確認し、外へ逃げたほうがいいのか判断をします。家族の確認や電話機の確認をします。次に、火元の確認やブレーカーは落としているか室内の状況確認をしましょう。

地震に備えて知っておくべき知識

懐中電灯

地震が起きた時にすること

もし地震が起きた場合、慌てない為に日頃から、災害に対する備えの情報を知っておきましょう。もし災害が起きた時、どう行動したらよいか、家族や知人とどのように連絡取ればいいのか事前に調べておきましょう。

READ MORE
親子

地震に関する用語について

地震の揺れは、階級によって変わります。0~7まであり階級によってどれくらいの被害が想定されるかわかりません。震度に関する情報を知ることで、取るべき行動がわかります。予め地震についてよく知っておきましょう。

READ MORE
防災グッズ

身を守るために行うこと

地震が起きた時、パニックになってしまい何を持ち出して避難していいのかわかりません。特に何が最も必要なのでしょうか。まず、自宅に防災リュックを準備しておきましょう。地震が起きてから買うのでは意味がありません。いつどこで起こるかわからないのが地震です。

READ MORE
男女

二次災害の危険について

地震が起きた時に、それが元に起こってしまう二次災害があります。その災害が拡散してしまうと、大きな被害を受けることになってしまい、大変危険です。二次災害が起きない為にも、日頃から防災訓練、防災グッズなど二次災害防止を心掛けをしましょう。

READ MORE
広告募集中