二次災害の危険について|地震予測を活用しよう!地震の種類や地震対策情報を知り命を守ろう

二次災害の危険について

男女

大きな揺れや小さな揺れでも津波災害があります

地震が起きると津波警報の情報は3分かかると言われています。揺れを感じたら、自分や家族の身の安全を確認します。揺れが大きくなれば、直ちに高台へ逃げましょう。揺れが小さいから津波が来ないというわけでは、ありません。津波は予測が出来ないので、必ず警報を確認してください。

津波解除情報は必ず確認をしてください

津波が発生すると、解除するまでに時間がかかります。解除警報を待たずに勝手に家へ帰ってはいけません。いつ何が起きるか分からないので、油断しないようにしてください。津波が起こった場合、身体が冷えてしまう場合があります。避難する持ち物チェックリストには、アルミ製保温シートがると非常に便利です。

地震の次の二次災害には気を付けよう

地震の揺れも怖いですが、次に起こる可能性があるのは二次災害です。二次災害は予測ができません。地震が起きた場合は、身の安全を確保した後にテレビやラジオ、携帯電話で情報を集めましょう。大きな被害が起きる二次災害とは一体どんなものがあるでしょうか。

二次災害の種類について

火はすぐに広がるので注意

地震で起きた二次災害でもっとも多いのが、火災です。部屋に電気機器装置が地震の揺れで倒れてしまったり、料理中の火が燃え上がったりと大惨事になってしまいます。地震が起きたら、すぐに自分の安全を確認して、電化製品の電源は切りましょう。またガス漏れがないか確認をし、外へ出る時は、ブレーカーを落とします。

地震が起きたら津波情報をすぐに確認すること

補修が終わるまでには十分に気をつけましょう

地震に備えて知っておくべき知識

懐中電灯

地震が起きた時にすること

もし地震が起きた場合、慌てない為に日頃から、災害に対する備えの情報を知っておきましょう。もし災害が起きた時、どう行動したらよいか、家族や知人とどのように連絡取ればいいのか事前に調べておきましょう。

READ MORE
親子

地震に関する用語について

地震の揺れは、階級によって変わります。0~7まであり階級によってどれくらいの被害が想定されるかわかりません。震度に関する情報を知ることで、取るべき行動がわかります。予め地震についてよく知っておきましょう。

READ MORE
防災グッズ

身を守るために行うこと

地震が起きた時、パニックになってしまい何を持ち出して避難していいのかわかりません。特に何が最も必要なのでしょうか。まず、自宅に防災リュックを準備しておきましょう。地震が起きてから買うのでは意味がありません。いつどこで起こるかわからないのが地震です。

READ MORE
男女

二次災害の危険について

地震が起きた時に、それが元に起こってしまう二次災害があります。その災害が拡散してしまうと、大きな被害を受けることになってしまい、大変危険です。二次災害が起きない為にも、日頃から防災訓練、防災グッズなど二次災害防止を心掛けをしましょう。

READ MORE
広告募集中